ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します



サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

RECRUITMENT

踏み出せ、道を拓け。
踏み出せ、道を拓け。

インターン・イベント情報

  • インターンシップ情報
  • 22卒マイページ
チーム一丸となって、
新規ビジネス創出を目指す。
チーム一丸となって、
新規ビジネス創出を目指す。
普段どんな仕事をしていますか?
また、仕事を通して大切にしていることは何ですか?

非破壊検査事業、エネルギー関連部材(太陽電池用バックシート)事業、ファインケミカル事業と多岐に渡る事業リーダーを担当し、世界中をターゲットに市場・顧客ニーズ収集と整理、研究所・工場との商品企画構想や事業戦略構築など、一事業のバリューチェーンの川上から川下まで幅広くマネジメントを行っています。
仕事の中で大切にしていることは「視点移動」。「顧客の立場」や「競合の立場」に自分を置き換えたり、「俯瞰」と「仰視」を繰り返すことで、最適なシナリオの構築を目指しています。

チームを率いる上で大切にしていることは何ですか?

チームの総和を高めるために、上位目的の共有化(ベクトル合わせ)に重きを置いています。そのためにも日頃からチーム内でのコミュニケーションが活発になるように、メンバーが自由に発言できる雰囲気作りをしています。仕事中は当然ですが、仕事とは別の話もフランクに話せるような場も設けるようにしています。

Junichi Makino 牧野 純一

1991年度入社。産業機材事業部。

Introduction

1991年に入社。BtoBの営業部門でイメージスキャナーシステムの提案・販売を経験、その後経営企画部を経て2009年に産業機材事業部に異動しました。産業機材事業部は多種多様の事業の集合体で、複数の既存事業拡大と新規事業立上げの役割を担っています。ON・OFFを切り分けるために週末は、ジムで走ったり、ゴルフをしたりしてリフレッシュしています。

若手・新人との関係性の中で、想い出に残っているエピソードを教えてください。

2年目の若手社員が仕事で壁にぶち当り、「ありたい自分」と「実際の自分」のギャップを実感して落ち込んでいる時に、私自身も同じ事で悩んでいたことや、2年目でそういう経験が出来ていること自体が財産になることなどを伝え、じっくり話し合うことで、自信とやる気を取り戻し、仕事で素晴らしい成果に結びついたことがありました。
若手ともじっくり話し合うことで悩みを共有することが大切だと実感したのを覚えています。

今チームで目指していることは何ですか?
それに向けて挑戦していることがあれば教えてください。

チーム一丸となって、新規ビジネス創出を目指しています。
新規創出には発想の転換が必要なため、ベテランの意見に、若手のフレッシュな意見を融合させることが重要になります。そのためにもフラットに意見を出し合えるように、あえて年次やポジションを無視して若手にプロジェクトリーダーを任せています。当然上手くプロジェクトを回せない場面もありますが、リーダーシップの向上と新しい発想創出のために、簡単に答えを与えず、グッと堪えて、「何故上手くいっていないのか?」を自力で考え抜いてもらうようにしています。
それによりテーマへの思い入れが強くなり、オーナーシップ意識が醸成され、プロジェクトの成否によらず、本人の成長に繋がると信じています。

就職活動中の方へのメッセージをどうぞ!

昨今は企業形態の変容速度が速くなっており、必要とされる社員のスキルなどが年々変化しているため、企業選びも非常に難しくなってきていることと思います。
「どこに就職したいか」、ではなく、「何をしたいか」、「何を目指すのか」をしっかり持って、企業を選ぶことが非常に重要だと思います。悔いのない様に頑張って下さい。応援しています。

チームメンバーへのメッセージ Message

Message
産業機材事業部 産業材料・機器グループの皆さんへ 「個」のスキルアップは当然必要ですが、それだけでは達成できないことがある。
ラグビーの日本代表の様に、「チーム」として精神と行動を団結して、自ら限界を決めずに、常に高い目標達成目指して、頑張りましょう。
Reply
牧野さんへ いつもメンバーに気さくに声をかけ、明るい雰囲気を作っていただきありがとうございます。
仕事で壁にぶつかった際にも、ご自身の経験をもとに、業務のやり方だけでなく、仕事に対するビジネスマンとしての姿勢についてもアドバイスをしていただき、とても勉強になっています。
新製品の立ち上げは難しいですが、チーム目標の達成を目指し、職場で一致団結して、力を発揮していきます!
with Passion
with Passion


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る